ECOMAAT-JAPAN

製品一覧

ECOMAAT社とは?

我々エコマット社は、太古からの人々が築き上げて来た、アロマの経験・実績を礎に、本物だけが持つその素晴らしさを追求し、揺ぎ無い信念を掲げて、最高級のオイルを製造し続けています。

 

私達が製造するエコマットのオイルは、化学物質の徹底的排除、農薬を一切使用せず、常に製品の品質、製造方法などに対して、厳重な姿勢で製造しています。この、天然自然の純粋な本物でなければならないというこだわりは、細胞が自然に対し、常に正直で忠実であるという事実を踏まえた、私達の真摯な姿でもあるのです。

 

これらのオイルは、全世界において、最も純粋で最高級の品質を誇るものです。我々の生産に対する姿勢は元より、最も基本的条件である、土台が違うのです。 というのは、生産地であるここブルガリアは、ヨーロッパ全土の中でも、気候はもとより、最も豊かな自然に溢れ、空気も美しく、土壌も汚染されていないからです。 この自然は、何にも替えがたい大切なものであり、また、それらが持つ、あらゆるものに対する治癒能力は絶対です。人も、その自然の一部である事を忘れないで下さい。

 

自然の力は、細胞の一つ一つに優しく働きかけ、細胞が本来持つ正常な姿に戻し、保つものです。(人に備わる自然治癒力や、自己免疫システムを高めるよう作用させます)つまり、植物の持つ、その力は当然、自然の一部である人間の細胞と調和し、作用します。 アロマテラピーとは、心身の奥深くに無理なく働きかけ、細胞自体に備わった力をよりよく引き出すものです。

 

100%天然オイルと、100%オーガニック・オイルは製造者の堅い信念に基づき、無農薬は勿論、最高の手間隙をかけ、吟味して作られた、他に類を見ない本物である事をお伝えします。

 

エコマット社は2001年、親族経営による創設で、同年創業を始めました。 創設者はエンジニアであり、ローズオイル・エッセンシャルオイルなどの製造免許を保有しています。 当社の製造プロジェクトは、一貫した製造管理の下で行われており、原材料のローズやラベンダー畑から国際化粧品博覧会まで携わっています。(原材料の栽培から販売まで)

 

 

 

 

IFEAT(国際エッセンシャルオイル製造販売連盟)の一員である、創設者のドリアン・クラッチマノフ氏と、アタナス・クラッチマノフ氏

 

ミルコボ地方

バルカン山脈南斜面とスレドナ・ゴラ北斜面に挟まれた谷で、当地には土壌・大気・気候などの、かけがえの無い自然が残されており、毎年、春には南方よりコウノトリが飛来してきます。又、当地は古代から人々が居住しており、考古学的な発見物(トラキア時代・ローマ時代)や遺跡が残されています。 その他、このミルコボ地方は、ローズオイル生産のお陰で、裕福な地区でした。

 

ECOMAAT社

ブルガリア・ミルコボ地方のバラ園で栽培・製造されたローズオイルは、カザンラック(バラの谷として有名)の生産品よりも、高い値段で取引されている。と、報道されました。 当社は当地(ミルコボ地方)で、原材料のバラを栽培しており、これらは植え付けから3年後に、初めて収穫(花びらの採取)を得る事が出来るのです。又、当社はIFEAT(国際エッセンシャルオイル製造販売連盟)、ブルガリア・エッセンシャルオイル・香水・化粧品協会、および、ブルガリア・スパ協会の一員です。 当社の厳格な高品質管理は、土壌、品種の選択、非遺伝子組み換え品の使用、化学肥料を一切使わない有機栽培、手摘みによるバラの花びらの採取(夜明け4時頃から、夜露が消えるまでの時間)、厳格な品質管理の下、加工・パケットまで、一貫して製造しています。これらは、総て、最高品質の製品を製造する為のプロセスであり、よって、当社の製品は、数多くの顧客の指示をえる事に成功しています。

 

 

ライチョ・ツベトコフ博士

当社バラ園のコンサルタントである。ツベトコフ博士は、日本で土壌地質の研究を行っていました。 又、バラの品種選択においては、日本で研究したテクノロジーやノウハウを使用し、当社のバラ園に反映させました。

 

 

バラ園とオイル蒸瑠所

当社の所有するバラ園は、常に品質管理を怠らず、BIO有機栽培農法はもとより、蒸留所、研究所を自社所有しており、原材料の栽培から販売まで、一貫することにより、製品の最高品質を保障しています。

 

 

 

 

 

 

ブルガリアバラ研究所

有能な研究者が集められたこの研究所において、当社のローズオイルは他社のものと比較して、より明確なプロフィールであるとして、毎年表彰を受けています。 勿論、ローズオイルは、天然自然のものであるので、毎年気候条件などによって、含有率が加減しますが、当社製品は、常に100種以上の構成要素を提示し、受賞しています。

 

研究所所長のネルフ氏が発行した証明書

 

 

 

 

 

 

 

BIO有機栽培農法の資格免許 

当社は、ブルガリアにおけるBIO農法の先駆けであります。

 

また、当社の哲学は、『花は最良の良薬である』という宇宙原理を踏まえた上での、BIO有機栽培による化粧品は、最高のものであると自負しています。又、バラはその美しさではなく、その含有するエネルギーによって、様々な症状を治療するという点から、花の王様である、と考えています。

 

スパマート・シリーズには、フローラル・ローズウォーターを始めに、6種類のエッセンシャルオイル、顔と体のアロマ・コンポジションから構成されています。

 

アロマ(芳香)の中で最も優れているのは、ローズ(ダマスクローズ)とズドラベッツ(ブルガリアンゼラニウム)の二つで、それらを使用した、美容と健康のためのアロマのレシピが、ブルガリア伝統の中で、最も多いのです。 化学技術が発展した現在においても、この二つの植物が、最も優れたものである、とした研究結果が得られており、その効果は証明されているのです。

 

又、当社における、生産管理には、優れた栽培ノウハウを持つ、ニコロフ博士、イヴァノフ博士や、ドイツ・フランスで研究を行ない、世界的に活躍している。香水と有機農業の専門家である、イリンチェフ博士が担っています。 又、当社のオイル・ウォーターの生産技術に置いては、伝統あるブルガリアの生産経験の中でも、よりすばらしいものを選択、踏襲し、更には、世界的に有名なフランスのダニエル・ビノエル博士や、シコラエフスキ博士、ジンコビッチ博士らの研究結果も使用しています。

 

Supercritical Co2 extraction この新技術は、73気圧異常におけるCO2の状態に注目した技術であり、これを用いて生産されたオイルは、その効果を最大限に発揮することが出来るのです。つまり、ほんの数的でオイルがもたらす効果は、まるで、本当に満開の花畑の真っ只中にいるような香りに包まれ、その自然な効果を欠くことがありません。

 

Supercritical Co2 extraction

 

この新技術は、73気圧異常におけるCO2の状態に注目した技術であり、これを用いて生産されたオイルは、その効果を最大限に発揮することが出来るのです。つまり、ほんの数的でオイルがもたらす効果は、まるで、本当に満開の花畑の真っ只中にいるような香りに包まれ、その自然な効果を欠くことがありません。